logo CloudCoin.Global

R.A.I.D.A.とは

独立検出エージェント冗長アレイ

RAIDAは、世界規模の偽造検出システムであり、破壊できず、改ざんも、ハッキングもできません。核爆弾、彗星衝突、世界戦争、独裁体制や政府のハッカーでも、RAIDAを破壊することはできません。耐量子セキュア、自己修復、シンプル、高速、信頼性の高いRAIDAは、CloudCoinの信頼性をミリ秒単位で検出できます。

信頼性

お金の本質は、それが偽造されないということです。お金の目的は、私たちの経済を助けることです。お金の価値は信頼に基づいています。 CloudCoinは今まで最高水準の信頼を得るでしょう。特許出願中のRAIDA技術(特許は他の人に技術を奪われないようにすることを目的としています)を使用して、世界中の独立したシステム管理者が何千ものサーバとネットワークを活用し、いかなる人や組織も独占できない破壊不能なシステムを作り上げています。ここで注意して頂きたいのは、RAIDA管理車はCloudCoinまたはeCurrencyを作成、保存、送信、追跡、またはブローカー化しません。各RAIDAクラウドの唯一の機能は、CloudCoinの25個のディメンションのうちの1つの信頼性を検出することです。

TCP/IP

私たちは、インターネットを形成するTCP / IPプロトコルを構築することから始めます。この技術は、核爆弾が世界の通信ネットワークの大部分を破壊しまくっている間でも、メッセージングを可能にするために開発されました。 TPC / IPは原子爆弾に対して耐性のある技術です。インターネットは世界規模で決してダウンしたことはありません。

HTTPS

上のことに加えて、さらに、SSL技術を使用しています。HTTPS SSL(Secure Sockets Layer)は、Webサーバーとブラウザー間の暗号化されたリンクを確立するための標準セキュリティー技術です。このリンクにより、Webサーバーとブラウザの間でやりとりされるすべてのデータがプライベートかつ完全なものになります。 RAIDAはHTTP Strict Transport Securityのみを使用し、推測が不可能なデータだけを渡します。RAIDAのHTTPSの使用は科学的に解読不能であり、既知の脆弱性は存在しません。

CDN (コンテント伝送ネットワーク)

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、ユーザの地理的位置、ウェブページの起源およびコンテンツ配信サーバに基づいて、ユーザにウェブページおよび他のウェブコンテンツを配信する分散型サーバ(ネットワーク)のシステムである。WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)は、400万の他のサイトと連携して、脅威、専用SSL保護を自動的にブロックします。また、高性能、信頼性を提供し、あらゆる種類のハッカーからRAIDAを保護します。

RAIDAプロトコル

RAIDAプロトコルは非常に軽いプロトコルで、実行にミリ秒しかかからず、わずか数百バイトのデータを送受信します。クライアントは25個のRAIDAクラウドと並行して真正性要求を送信します。光の速度のおかげで、信号が惑星の反対側に戻って戻るのに数ミリ秒しかかかりません。各RAIDAクラウドは、「合格」または「失敗」のいずれかで応答します。RAIDAプロトコルはセッションやクッキーを必要としません。条件付きGETメソッドは不要なネットワークトラフィックを減らすために使用されます。

RAIDA Authenticity Request:
Field Sample
Serial Number 56298
Authenticy Number D32BCE8DF8926EE00E1233D8C6B1363C
Proposed Authenticy Number ACC42CDF54A5E06A59B282799408B4B3
Denomination 1
Sample Authenticity Request:
https://RAIDA1.cloudcoin.global/service/detect.html?sn=56298&an=D32BCE8DF8926EE00E1233D8C6B1363C&pan=ACC42CDF54A5E06A59B282799408B4B3&denomination=1


RAIDA Authenticity Response:
Field Sample
Server Name RAIDA-12
Status pass
Message The unit presented is an authentic 1 unit CloudCoin.
Time 2016-09-18 15:08:07
Sample JSON Response:
{ "server":"RAIDA-12", "status":"pass", "message":"Authentic: The unit presented is an authentic 1 unit CloudCoin.", "time":"2016-09-18 15:08:07" }

RAIDAクラウド

各RAIDAエージェントは、多数の冗長サーバー、ネットワーク、およびデータベースで構成されています。このようなハードウェアの構成は、しばしばクラウドと呼ばれます。どんなコンポーネントが失敗しても攻撃されても、システムは継続します。データベースは、いくつかの異なる物理的な場所にミラーリングされています。高可用性のためのWebサーバーのチームがあります。複数の場所で致命的な障害(隕石の衝突など)が発生する可能性がありますが、システムは正常に動作します。RAIDAクラウドは、世界中の高度に訓練された何千人ものハッカーの標的になる可能性が高いです。政府はRAIDAサーバーを制限するように移行する可能性があります。RAIDAは最悪の攻撃者によるサービス拒否攻撃の標的になる可能性もあります。しかし、RAIDAクラウドは生き残ります。なぜなら

  • 独立性:RAIDAクラウドは、お互いに会うことはない仲間であるコントローラのもとで動作します。彼らは、Linux、Windows、PHP、C#、Java、Apachee、Tomcat、IIS、MySQL、Microsoft SQL、Oracleなど、好きなテクノロジーを使用することができます。
  • 分散型:ほとんど例外なく、RAIDAクラウドは異なるリベラルな国にあります。「自由主義」は、哲学者ジョン・ロックが、人生、自由、財産を保護する国々を記述するのに用いられた古典的な意味で使われています。 これは政府の行動に対してRAIDAを守るものです。電力のスピードはミリ秒単位で地球を回ることができるため、パフォーマンス上の問題はないのです。
  • 冗長性:RAIDAクラウドはすべて同じ基本的な仕事をします。理論的にCloudCoinsはうまくいきます。
  • 柔軟性:RAIDAクラウドは完全にダウンし、すべてのデータがハッキングされることさえ想定されています。そのため、単にRAIDAクラウドを破棄して新しいクラウドを別の場所に再構築することが可能です。CloudCoin自体がデータを保持します。CloudCoinsは冗長性に基づいたグレードを持っています。これらのグレードは、壊れたRAIDAクラウドに自分自身を固定することで改善できるのです。

RAIDA委員会メンバー

私たちの最も重要なセキュリティ機能は私たちです。私たちは、国際的に認められたシステムエンジニアのみが委員会のメンバーになることを許可します。構成員は、専門的な資格と成功した職務経験の長い歴史を持っていなければなりません。犯罪歴のある人や道徳的評判の低い人は許可されません。委員会は、RAIDA認証システムの統治機構を提供します。各委員は1票を持ちます。委員会メンバーは、完全に失われたり放棄されたCloudCoinによって資金提供されるため、永続的に機能します。