logo CloudCoin.JP

CloudCoinの等級

  

CloudCoinには、コイン自体に格納されているGUID(Globally Unique Identifiers)が25個があります。これらのGUIDは、RAIDA(Redundant Independent Detection Agents)と呼ばれる分散グローバルデータベースにも格納されています。RAIDAは、CloudCoinにその名前を付けるものです。RAIDAは、クラウド内に削除不能なデータストアを作成します。各CloudCoinネットワークには25台のサーバーがあり、各RAIDAサーバーには各CloudCoins GUIDの1つが保持されます。

このシステムは、RAIDAクラウドの大半がオフラインになったとしても、システムは引き続き動作するように設計されています。 RAIDA番号は自己修復であるため、RAIDAがトランザクションをミスした場合、信頼できるサーバーの助けを借りて更新することができます。つまり、台湾のサーバーに流星が当たり、ノックアウトされてオフラインになったとするとオーストラリアで別のサーバーファームを作成でき、CloudCoinsの所有者はその番号で新しいRAIDAメンバーを更新できます。

CloudCoinがすべてのRAIDAサーバのテストに合格しないと、それは破損していると言います。 CloudCoinソフトウェアは自動的にこれらの修復を試みますが、失敗することがあります。したがって、CloudCoinsは常に、すべてのRAIDAメンバーと同期したGUIDを持つとは限りません。この場合、そのCloudCoinは少し低い等級を受けます。 受け取ったCloudCoinが低い等級である事を受け入れるかどうかを決めるのは、その人次第ですが、CloudCoinsは迅速に修復でき、等級を上げることができます。